PLART PHILOSOPHY

 I want to see All kinds of flowers profusion the world. 

(百花繚乱の世界が見たい)


1、3つの「F」

他者に対して、平等(フェア)であり、友好的(フレンドリー)であり、そして壁がない(フラット)人であること。

2、誠実

誠実で素直で実直であること

3、創造

与えられるのではなく、生み出すこと

4、個性的

自分史を大切にすること、人との違いを面白がること

5、希望

何があっても希望を持つこと

message

PLARTは、アートがライフスタイルになるほど当たり前に暮らしの中に取り入れてもらうことをコンセプトとします。

それは、私が大型シェアハウス(70人強の住人との生活)に住んで感じた、人のつながりの心地よさを日本の社会に広めたい、と思った事から始まりました。シェアハウスに住んでる人達は「ここには色んな人がいる」と理解して暮らしてました。

人との違いを面白がる事、人の価値観を否定しないコミュニティが私にはとても心地がよかったのです。
そして、それを日本の社会で築くのには人の個性や表現を受け入れることと思い、まさに個性の塊であるアートをもっと身近に感じる仕組み作りを目指してます。

見えない空気を感じる力が強い日本はとても真面目で、丁寧で、人を想うことのできる素敵な国だと思います。

だけど、その力が少し強すぎて人の目を気にしすぎて、見えない鎖で身動きが取れなくなってると思うから、もっと自分らしく、それぞれの個性が生きる百花繚乱の世界に変えていきたいと思ってます。

自分とは違う価値観を受け入れる素地をこれから長い時間をかけて築きます。

アートがライフスタイルになるほど当たり前になれば、日本ももっと多様性を前提とした、お互いを認め合える社会になると信じて。

そして、世界へ現在の日本の表現を発信していきます。

ウェブは情報です。色んなきっかけを距離関係なく届ける事ができます。

情報を手に入れて、きっかけを得て、行動を起こしたリアルにこそ価値があると思ってます。

PLARTはイベントを定期的に開催し、ウェブとリアル、どちらも通じて暖かみ・自然体を届けます。

そして、たったの一度の人生に、「今、この瞬間は幸せだ」と思ってもらえる時間・空間・人間(じんかん)をPLARTは創造し、提案します。

 

PLART 代表  柿内奈緒美

 

 

PHILOSOPHY

アートをもっと身近に感じるために、アートをもっと楽しむために出来る事を。

1.アートを用いて、人の表現・個性・自由さを伝え、もっと多くの人に他者の表現をポジティブに楽しんでもらう事を目的とします。

2.アートを普段の暮らしに取り入れることで豊かな暮らしを提案します。

3.アート業界の活性、アーティストの育成に貢献します。

 

OUR MISSION

3つの壁を越境

日本のアートには3つの壁があります。
「心の壁」アートって、なんだか難しい。価値がわからない。
「家の壁」飾れる壁がない。どうやって飾るかわからない。
「財布の壁」アートは高くて買えない。買えるアートがわからない。

そんなアートに対する3つの壁を越えていきます。

 



ART
×

PEOPLE

ヒト、アーティスト

PLACE

場、空間

THING

モノ、コト